エコカラットを内装材に使用するメリット

エコカラットというのは、粘土鉱物の微細な穴を持つ特徴のある土をタイル状に加工した内装材です。

壁にクロスの代わりに貼ることにより、微細な穴が湿度を調整してくれて、梅雨時の結露の対策に、また、冬場の乾燥した空気には穴の中の水分を放出して適度な室内湿度にしてくれる機能があります。他にも、匂いを吸着する特徴があり、ペットなどの匂いや、建材等から出る匂いを吸い取ってくれる機能もあります。
土壁の珪藻土にも同じような効果が期待できるのですが、エコカラットはタイル状に加工してあるために塗る必要が無く、職人さんによって仕上げにムラが出ることはありません。

今探すならこちらの埼玉のエコカラットに関連した情報が掲載されています。

また、暑さが6mmと塗り壁よりも厚みがありますので、より吸湿性、匂いを吸着する性能に富んだ素材になっているのです。

壁にクロスを貼ることを考えると、単価は上がってしまいますので、家じゅうに貼ることは難しいかもしれませんが、寝室に貼っておくと、結露による黴のアレルギーなどを押さえることが出来ますので、アレルギー体質の方にはお勧めです。
また、匂いの気になるトイレや、洗面所に貼っておくと、湿度も調節してくれて、気になる匂い対策にもなりますので一石二鳥ですね。



現在では様々なデザインのタイルがありますので、インテリアとしてリビングのワンポイントに使用されるとお洒落な雰囲気を作ることが出来ます。
エコカラットは電気等のエネルギーを使用することなく、自然の力で空気中の水分を調節したり、匂いを軽減してくれる素材ですので環境にも、身体にも安心な素材といえます。

ブログに関する口コミ情報を募集しています。